gotsublog

自分の好きを、みんなの好きに。

生活

【休み方改革】社会人3年目の筆者が、思いつく限りのストレス発散方法を、休日に全部やってみた。

社会に順応しきった社会人3年目「週5日働き2日休む」、これってどう考えても休みが足りないことに気づいてしまいました。そこで「休み方改革」と称して、5日分の疲れをリフレッシュする方法を模索し、実際の休日のスケジュールに全て詰め込んでみました。残ストレス度をHPとして、主観的なHPに表し、その効果についてまとめてみました。

小説家・角田光代さんファンの筆者が本当におすすめしたい角田光代作品5選をランキング形式で紹介します。

筆者が大ファンである角田光代さん。フィクション作品、リアルな人間関係を描いた長編小説やエッセイ本など、幅広い作品を生み出しています。映画化された『愛がなんだ』や直木賞受賞作の『対岸の彼女』が代表作です。そんな角田光代さん小説の中で、本当におすすめしたい作品ランキング5選を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

都内一人暮らしの20代男子が、本気で買ってよかったもの・使ってよかったサービス10選を紹介します。

25歳、社会人3年目、大学時代から含めると一人暮らし歴7年目に突入した筆者が、本…

【サブスクランチ】話題の定額ランチサービスPOTLUCKを使ってみたよ!

様々なサブスクサービスがリリースされていますが、個人的に利用していてグルメな方におすすめしたいのがサブスクでテイクアウトランチ(一部デリバリー対応有)で楽しめるPOTLUCKです。アプリ上で事前注文を済ませ、店頭へ行けば後は受け取るだけ!そんな便利すぎるPOTLUCKのサービス概要と、使ってみた感想をまとめていきます!

ブレインスリープピローは効果ある?スマートスリープの睡眠スコア機能で定量的に計測をしてみた。

ブレインスリープ社が開発した脳が眠る枕「スマートブレインピロー」を購入したので、その効果と感想についてまとめてみます。普通にまとめるだけではつまらないので、筆者が愛用しているフィリップス社の「スマートスリープ」の睡眠スコア機能を使って、定量的に睡眠の質が上がっているのか計測してみました。驚きの結果をお見逃しなく!

25歳(アラサー)になったので、20代のうちにしたいことやキャリについて今一度考えてみた。

2021年5月にて25歳(社会人3年目)となり、いわゆる「アラサー」と化したので…

仙台在住の筆者がおすすめする仙台&松島観光モデルコース(1泊2日ver)をご紹介します!

絶景から歴史、グルメまで幅広い人気観光スポットがある宮城県。仙台駅からは日本三景の1つでもある「松島」にも訪れることができます。グルメでは、繁華街「国分町」をはじめ、牛タンやずんだなどがあります。今回は仙台在住である私が、仙台と松島を巡る1泊2日のおすすめ観光モデルコースをご紹介しますので、参考にしてみてください!

【レビュー】Kindle Paperwhite 32GB/広告無/Wi-Fiが1番おすすめな理由

Amazonの電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite 第10世代』…

【ショートスリーパー必見】深い睡眠時間を増幅させる「スマートスリープ」を購入したら効果が絶大すぎた。

睡眠の質向上に特化したフィリップス製の「スマートスリープ」。睡眠ログの可視化と深い睡眠時間を伸長させることを目的としています。ヘッドバンド型で、深い睡眠に入ると耳元のスピーカーからオーディオトーンが流れ、深い睡眠を持続させます。実際に愛用している筆者が感想についてまとめていきます!

【体験談】新卒で大手企業に就職するメリット・デメリットについてまとめてみた。

新卒の就職活動や転職時、多くの志望者を集め人気を誇る「大手企業」。しかし、大手企…

【エモい】20代男の個人的好きな歌の好きな歌詞フレーズ5選について書いてみた。

決してメジャーな歌ではないが、歌詞がエモくて個人的にオススメしたいフレーズ5選に…

新卒入社から2年間の地方勤務経験者が全国転勤のメリットとデメリットを考えてみた。〜メリット編〜

就職企業を決める際、選ぶ基準は人それぞれ。そこで、ブランド力、年収や社風くらい重要な項目に『勤務地』(全国転勤の有無)があることをお伝えしたいです。勤務地は、娯楽や交友関係に至るまで、日常生活に大きな影響が、、。実際に、新卒入社から2年間地方勤務経験者の筆者が、勤務地の重要性(メリット・デメリット)のリアルをお伝えします。

恋愛映画『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』グッとくる名言10選を紹介。

映画『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』はイギリス、アメリカ合作映画(2…

TOEIC730点は2ヶ月の勉強でも取得可能!効率的な勉強法とおすすめの参考書・問題集を紹介。

公式で区切りにされている730点が、社会で英語を武器にできる最低ラインであること…