ごつブログ

自分の好きを、みんなの好きに。

生活 資格

ITパスポートを取得するメリットは?試験日などの概要、難易度と勉強時間や勉強法をまとめてみた。

通称”iパス“とも呼ばれるITパスポート。IT系資格の入門編の資格と言われ、年間の受験者が約80万人にものぼるメジャーな資格だ。パソコンやプログラミングのイメージが強い資格だが、実はビジネスにおける必須の知識が凝縮されており、非常に価値のある資格なのだ。実際に、ITパスポートの試験内容は、経営理論や企業法規まで幅広い。そんなITパスポートの試験内容や勉強方法・時間などを実際にITパスポートを取得している筆者が詳しく紹介していく。


ITパスポート試験とは?

まず初めに、ITパスポートの概要から説明をしていく。ITとビジネスの関係は切っても切り離せないものであり、国家資格という位置付けをされている。この資格があれば、ビジネスにおける最低限の知識があるということを証明することが可能になる。また、他のIT系の資格の関連なども含めて解説をしていく。


IT系国家資格の入門試験

ITパスポート試験を実施している独立行政法人IPA(情報処理推進機構)によると、

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

ITパスポート試験

とされている。学生でも社会人でも取得するメリットは非常に大きい資格であると言える。


関連した資格について

IT関連の資格には、ITパスポートの知識を前提として、多くの資格が存在する。いずれの資格も、国家資格であり、就職などに生かすことができる重要な資格だ。

ITパスポート⇨基本情報技術者試験(FE)⇨応用情報技術者試験(AP)

応用情報技術者試験(AP)が最も難関な資格であり、範囲が広く専門性も高くなる。応用情報技術者試験からは「エンジニア系」と「マネージャー系」のさらに難関な資格に分岐をする構成になっている。

基本情報技術者試験などの関連する資格情報はこちら: IPA 情報処理推進機構


ITパスポート資格を取得するメリット

ITパスポートを取得することで、「ITの基礎知識があることを証明できる」と前述した。では、具体的に①どのような知識がつき、②どのように生かすことができるのかということについて、自身の経験を踏まえ説明をしていく。


メリット①:ビジネスにおける基礎知識がつく。

ITパスポートの試験範囲には、

  • 経営全般(法務・財務など)
  • システム開発・設計・運用・管理
  • セキュリティ知識
  • IT技術

など、社会で働くにあたって必須知識などが非常に多く含まれている。商談先などでも、知っていることが前提となっている内容がほとんどだ。
例えば、「うちの会社のサーバは、オンプレからクラウド化を進めていて〜〜」などの会話が出てきた場合、理解できるとできない人では大きな差が生まれてしまう。


メリット②:大手企業でも積極的に取得奨励をしている。

大手企業では、ITパスポート取得を奨励している会社も増えてきた。例えば、私が勤務している会社では、研修期間に、ITパスポート講座が開かれ、専門の講師が招かれるなどしていた。

また、ITパスポート取得者には、受験料負担と奨励金1万円が付与されるなどの決まりがあるなどした。


ITパスポートの試験概要

ITパスポートの試験の概要について説明していく。おおよその外観を掴み、対策することが重要だ。


試験時間と問題数について

試験時間120分 / 問題数は100問

計算問題が10問前後含まれるが、ほとんどの問題は知識だけで解答が可能。
計算問題も式を2〜3つほど組み合わせば解ける問題がほとんどで、時間的には非常に余裕があると言える。
※試験時間が80分経過後は、自由に退出可能。

(私が受験した時も、残り20分で半分近くの受験者が退出していた)


受験方法について

CBT 方式(コンピュータに問題が表示・出題されて解答する方式のこと)

ITパスポート試験は、4つの選択肢から1つ解答を選んで、マウスでチェックを入れて進めていく形。後から見直したい問題にチェックをつけられるシステムがある。計算問題用に、メモ用紙とシャープペンシルが貸し出しされる。

受験料は5,700円


受験日について

希望会場での空きがあれば何日でも可能
※地域・会場によって日程は異なる。

確認はこちらから:ITパスポート試験


合格基準について

1000点満点中600点以上取得
ただし下記で説明する3つの分野の中に、正答率3割未満の分野が場合、無条件で不合格。
ちなみに例年の合格率は50%前後。


合格発表について

合格発表は3週間後が目安。
ただし、受験後に点数が表示されるのでその場で合否がわかる。


ITパスポートの試験範囲について

前述の通り、ITパスポート試験範囲は、パソコン操作やプログラミング以外にも幅広い。大きく3つの分野に分けられるので、解説をしていく。


ストラテジ系

企業活動や経営戦略などが問われる分野。
経営方針の仕組みや個人情報保護法・知的財産法などもこの分野も含まれる。

会社を経営するにあたっての基本的な考え方や、社会人として最低限知っておくべき、法律の内容を学ぶことができる分野だ。


マネジメント系

システムやソフトウェア開発プロジェクトのマネジメント方法についてを問われる分野。
システムが企画されてから開発までに至る手法や流れ、プロジェクトの管理方法などが含まれる。

社内でプロジェクトが立ち上がった場合に、そのように進めるのが効率的か、どのような役割を務めれば良いか、などの実践的な知識を学べる。


テクノロジ系

PCの仕組みからセキュリティ、ネットワーク、データベースまで、IT技術に関して問われる分野。
アルゴリズムに関する進数や、情報セキュリティーなども含まれ、ややエンジニアチックな分野。

なぜ社内イントラが利用でき、回線が逼迫してしまうのかなど、仕組みそのものを学ぶことができる分野。


勉強方法・勉強時間について

ITパスポートを合格するために、どれをどれくらい勉強すれば合格できるのか、ということについて説明をしていく。


勉強方法について

これは非常にシンプルだが、

参考書を1冊マスター(input)+過去問を5年分ほど解く(output)

で合格圏に達することができる。また、ITパスポートの試験範囲は、日常でも浸透しているものがたくさんあるので、勉強した内容を繋げるイメージを持つことも有効な勉強方法と言える。
※おすすめの参考書に関しては、後ほど。


勉強時間について

勉強時間についてだが、正直なところ、これは個々人の予備知識によって大きく異なる。

試験内容的に暗記要素が多いため、IT系の学部生や社会人は参考書を読むだけで合格できる可能性もある。反対に、全く触れてこなかった方(私がそうだった)は、参考書を3周ほどして過去問を3年分ほど解いてようやく合格できた。。


IT系を勉強したことがある / IT系業務経験者

0~15時間ほど

前述の通り、参考書をぱらっと読むだけで合格できる方も多数いると思う。
(計算問題の対策はした方が得策だ。)


IT系未経験者

30~50時間

横文字のオンパレードで苦手意識がある方は多めの勉強時間を確保することをおすすめする。計算問題は、複雑な問題は少ないものの考え方を飲み込むのに時間がかかる可能性もあるから要注意だ。


過去問サイトやおすすめの参考書を紹介

ITパスポートも年々メジャーな資格となり、数多くの参考書や問題集が出版されるようになった。その中でも特にオススメしたい参考書・問題集を紹介する。


おすすめ問題集①:いちばんやさしいITパスポート

タイトル通り、初学者向けの参考書だ。図解がカラーかつ丁寧で理解しやすく読み進めやすい。
また、章末ごとに過去問演習もあるので、理解度を確認するにもおすすめな1冊だ。

この1冊をきっちり理解すれば、合格ラインに到達可能だ。


おすすめ問題集②:イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室

ITパスポートの知識を応用させたい方におすすめ。やや深堀理をした内容。


おすすめ過去問サイト

ITパスポートには過去問攻略が1番の近道と言える。というのも、例年過去問にそっくりな問題が数多く出題されるからだ。

無料で利用できる過去問サイトがあるので、利用しない手はない。

ITパスポート試験ドットコム


最後に

筆者が受験した時の結果

ITパスポートは社会人としての基礎知識を学ぶことができ、エンジニアの登龍門にもある万能な資格だ。難易度的にも気軽に挑戦できので、ぜひトライしてみてはいかがだろうか。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

青学大卒(19卒)→某IT企業勤務 好きなことを書きます。 旅行・グルメ・陸上関連を中心に。お出かけすることの魅力を伝えていきたい。 週2記事の投稿を目安に書いていきます。