gotsublog

自分の好きを、みんなの好きに。

小説

『おまえじゃなきゃだめなんだ』(角田光代)を読んだアラサー男子のあとがき #読書感想文

なんて清々しいタイトルなんだ!この本と初めて出会った時、タイトルに強く惹かれ、物語のあらすじすら読まずに購入していました。ー実は僕、このセリフ言ったことあるんです。(人のことをおまえ呼びしないポリシーなので、正確には〇〇じゃないとだめ、だった気がしますが。)最初は表題への好奇心で読み始めた本でしたが、たくさん共感できて、たくさん嫌なところ突いてくるな、と。その感想をまとめてみます。

【保存版】失恋した時に読みたい小説10選を25歳男が”好きな一行”とともに本気で紹介します!

失恋をして落ち込んでいる時は、小説を読むことをおすすめします。様々な人物やストーリー展開があるため、落ち込んだ心に寄り添ってくれる本に出会えるからです。泣いてスッキリできる、前向きになれるなど、失恋した時に読みたい小説10選を厳選しました。概要とお気に入りの”私の一行”をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください!

小説家・角田光代さんファンの筆者が本当におすすめしたい角田光代作品5選をランキング形式で紹介します。

筆者が大ファンである角田光代さん。フィクション作品、リアルな人間関係を描いた長編小説やエッセイ本など、幅広い作品を生み出しています。映画化された『愛がなんだ』や直木賞受賞作の『対岸の彼女』が代表作です。そんな角田光代さん小説の中で、本当におすすめしたい作品ランキング5選を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!