gotsublog

自分の好きを、みんなの好きに。

未分類

【エモい】10代で口ずさんだ歌を、人は一生、口ずさむ。

「SONY WALKMAN」のキャッチコピーで好きな言葉の一つだ。

2009年ごろ、きっと自分がまだ中学生くらいの時で、今みたいに「Spotify」や「AmazonMUSIC」といったスブスクが浸透し、好きな歌を好きな時に聞けるようになる前の時代のことだ。

iPod touchはCDから落とした歌しか聞けないから、街を歩いていて気になった歌があっても、曲名を調べることができない。

(今考えると想像できないが、そんな時代があった)

だから、必死にメロディを頭に焼き付けた。

テレビなどを見ていて、ふと、メロディと曲名が一致した時には、歌詞を暗記する勢いで耳に流し込んだものだ。

「10代で口ずさんだ歌を、人は一生口ずさむ。」


今年23になったばかりなのに、こんなこと言っても説得力がないかも知れない。

でも、これはモラトリアムを終え、いわゆる「青春」が終わったまさに今だからこそ、誰もが共感できる言葉ではないか、と強く感じる。


「10代の思い出と、歌は密接に関わっている」

なぜか。

音楽には自然と、自分の中の思い出だったり、感情と結びつく力があるからだ。

中学の時、初めて付き合った子に、レコチョクでプレゼントされた歌
部活の試合前によく聞いていた歌
文化祭の準備の時、大音量で流していた歌
塾の帰り道、自分を鼓舞するために聞いていた歌
嘘をついて、やりきれない気持ちの時に聞いていた歌

思い返せばキリがない。

誰にでも似たような記憶があるはずだ。

今でも、その歌を聞けば当時の感情を鮮明に思い出せる。

歌は10代の思い出と切っても切り離せない。

これから年をとって、音楽の趣味が変わることもあると思う。むしろ、ほとんどの人がそうだと思う。でも、10代の時の思い出と聞いていた歌は決して変わらない。

思い出と曲の結びつきがなくなることは決してないからだ。


・・・ということを、この前思い立って、「Spotify」で”emotional songs”という名のプレイリストを作り、思い出深い歌だけを厳選してみた。だいたい20曲ほどの60分くらいのボリュームだ。

たったの1時間で10代当時の感情に戻れるものだから不思議な感覚だった。

適当にシャッフルして、あの時こうだったなと思い出に浸る。

過去の栄光に浸ってみたり、挫折した経験を思い返したり、、、


そして自分自身、社会人1年目の夏、秋。


思い出の歌が何になのかと楽しみな気持ちもある。

思い出と歌は結びつく。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

青学大卒(19卒)→某IT企業勤務 好きなことを書きます。 旅行・グルメ・陸上関連を中心に。お出かけすることの魅力を伝えていきたい。 週2記事の投稿を目安に書いていきます。