gotsublog

自分の好きを、みんなの好きに。

カメラ 旅行 海外旅行

【イタリア・ヴェネチア】1度は訪れたい街中がカラフルな島!観光名所・ブラーノ島へ行ってきた。

ヨーロッパでも人気の旅行先の一つであるイタリア。言うまでもなく、文化・芸術・グルメなどが有名で魅力的な国で人気旅行国の1つだ。そんなイタリアの中でも、今回はヴェネツィアにあるブラーノ島を紹介していく。
水の都とも言われ、177もの島から成り立つヴェネチアで、カラフルでオシャレな街として多くの人を魅了するブラーノ島。 実際にブラーノ島を訪れ、その美しさに圧倒された筆者が、写真を交えながら見所を伝えていく。


イタリア・ブラーノ島とは?

島の何気ない場所でも綺麗な写真が撮れる。

ブラーノ島はイタリアのヴェネチアにある島の1つで、カラフルな街並みが特徴であり、ヴェネチアの中でも一際異彩を放つ島だ。

ヴェネチアのおすすめスポットなどは、別の記事にて紹介をするが、理由はやはりこのブラーノ島があまりにも圧巻過ぎたため、この記事のみに集約した次第だ。

ブラーノ島は、ヴェネチアからは「ヴァポレット」と呼ばれる水上バスに乗って1時間ほどの位置にある。船を降り、島に足を踏み入れると、まるで絵本で登場するかのようなカラフルな光景が目の前に広がる。

島の何気ない場所でもカラフルな写真を撮ることができ、目的地を決めず、のんびり散歩しているだけでもこんなに素敵な写真を撮ることができる。

人口も3,000人ほどの小さな島であり、1時間もあれば島中はある程度歩けるぐらいの大きさだ。


後ほど写真を紹介するが、街中が映えるので、自分なりの写真スポットを探してみるのも、一つの楽しみ方と言える。

ブラーノ島に入るとすぐに異世界が広がる。

ブラーノ島への行き方について(地図付き)

前述の通り、ブラーノ島へ行くためには、ヴェネチアからヴァポレットと呼ばれる水上バスに乗って1時間ほど移動する。

ルートとしては、いくつかあるのだが、一番簡単な行き方としては、

Ferrovia “C”または”D”で乗船→
Murano Faro M/S SXにて乗り換え→
Burano “B” DX per Treport到着。

のルートがおすすめだ。
理由として、出発停留所のほぼ目の前に、ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅があり、アクセスしやすいということだ。


ブラーノ島までのヴァポレットの料金は?

ヴァポレットからの景色

実はこちら、比較的安価で利用することができる。

・1回乗車券:7.5ユーロ(日本円で約975円)
・24時間乗り放題チケット:20ユーロ(日本円で約2,600円)

なお、一回乗って降りるごとに7,5ユーロかかるので、他にも目的地がある場合などには、断然24時間乗り放題チケットがお得だ。




ブラーノ島の見所について

特段に「ここ!」という場所はなく、島全体が見所と言える。

実際に筆者が歩きながら撮影した写真をいくつか掲載していくので、実際にブラーノ島に訪れた気分を味わいながら見ていただけると幸いだ。

まずは王道ショットとも言える、運河と建物をセットで撮影。

こちらは、街灯&水色の住宅&教会の建物と、まさに西欧感溢れ出る一枚。

教会のような建物もある。写真だと伝わりにくいが、ピサの斜塔のように傾いていた。


調べたところ、サン・マルティーノ教会という建物で、16世紀に建てられたそうだ。ブラーノ島の地盤が強くないらしく、年々と教会が徐々に傾いているらしい。。。


ブラーノ島には美味しいランチも!

やはり、イタリアといったらパスタである。

ブラーノ島にも飲食店が数多く軒を連ねており、美味しいパスタとビールが頂ける(イタリアといえばワインのような気もするが。)

ヴェネチア本島の価格より気持ち高めな料金設定である。


3つの島の巡るツアーもおすすめ!

ブラーノ島は1時間ほどで回れてしまうので、周辺にある島を回るツアーが人気だ。周辺には、ムラーノグラスで有名なムラーノ島、トルチェッロという島があり、そこを回っていくツアーが効率よく島を楽しむことができる。

現地ツアーだと100ユーロ(日本円で約13,000円)ほどで参加が可能だ。もちろん、前述した24時間乗り放題チケットを活用してツアーに参加せずとも島を巡ることはできるので、ご参考程度に。

ツアーの詳細はこちら:VELTRA


最後に

ヴェネチア・ブラーノ島。気軽に行くことができ、ランチや撮影など楽しみ方盛りだくさんな島だ。ぜひ、ヨーロッパを訪れる際に足を運んで見てはいかがだろうか。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

青学大卒(19卒)→某IT企業勤務 好きなことを書きます。 旅行・グルメ・陸上関連を中心に。お出かけすることの魅力を伝えていきたい。 週2記事の投稿を目安に書いていきます。