ごつブログ

自分の好きを、みんなの好きに。

カメラ 登山

初心者でも楽しめる筑波山で、登山と温泉を満喫する日帰り観光に出かけよう。

都内から2時間ほどでアクセスできる日本百名山の1つの、”茨城県・筑波山”。
標高は800mほどで、初心者でも気軽に登山できることに加え、男体山山頂からは関東平野を一望できる。初心者から中級者に対応したコース以外にも、ロープウェイとケーブルカーを使って気楽に楽しむこともでき、周辺には、ゆっくりできる温泉もある。そんな至れり尽くせりの筑波山について紹介していく。


筑波山登山について。

S__5693459.jpg
筑波山登山道の白雲橋コース

登山。というとなんとなく気軽にはいけないんじゃ、、、と不安に思う方も多いと思う。道具を揃えたり、山道は険しいんじゃないかというように。

しかし、筑波山にはそんな心配は一切ご無用。

コースにもよるが、片道15分から2時間程度で登り切ることができる。道もしっかり整備されているので、普通の運動靴(履き慣らしているものに限る)とちょっとしたジャージでも、気軽に登山ができる。また、ロープウェイとケーブルカーも山頂まで通っているので、体力面の心配も無用だ。

S__5693455.jpg

また、日本百名山に数えられるほど、頂上から見渡す関東平野は絶景であり、

「西の富士 東の筑波」

という言葉が古来より伝わるほど、多くの人を魅了している。

また、天気がいい日は、東京都内から2つコブが特徴的な筑波山を眺めることができる。


筑波山基本情報


アクセス

首都圏中央連絡自動車道つくば中央ICより車で約40分


駐車場

72d598ea8e15f97bf1d17bce8760c232.jpg
引用:つくば観光コンベンション協会

筑波山周辺には、全部で5つ駐車場がある。利用する登山コースに合わせて駐車場を選択することができる。いずれの駐車場も、それぞれの登山コースまで徒歩10分もない。

料金:普通車はいずれも500円


登山可能時期


年間可(閉山時期なし)


筑波山の登山コースについて

normal.gif.pagespeed.ce.bMAhBpbV3S.gif
引用:筑波山ケーブルカー&ロープウェイ

筑波山山頂を目指す登山ルートは主に4つ。

ケーブルカーの宮脇駅、筑波山神社とロープウェイのつつじヶ丘駅が各コースの起点となっていて、片道約40分で登れて初心者でも気軽に楽しめるコースや、片道約2時間をかけて山頂を目指す本格的なコースがある。

また、山頂にはロープウェイとケーブルカーがあるので、登りは歩いて山頂へ行き達成感を味わい、下りはロープウェイでゆっくりと景色を眺めながらと帰るという楽しみ方ができるのも大きな魅力。


初心者向け:迎場コース(むかえばコース)

th_IMG_0740-500x333.jpg.pagespeed.ce.52B5rBtWaw
引用:筑波山ケーブルカー&ロープウェイ
  • 距離:約1.6km
  • 標高差:約190m
  • 所要時間:登り40分/下り35分

経路しては、

宮脇駅→つつじヶ丘駅→筑波山ロープウェイ→山頂 という流れ。

景色はあまりひらけてないが、道幅が広く、岩場が少ない比較的楽なコースなので、体力に自信がないという方でも気軽に楽しむことができる。

最寄り駐車場:P1~4


初心者向け:おたつ石コース(おたついしコース)

S__5693456.jpg

  • 距離:約1.0km
  • 標高差:約200m
  • 所要時間:登り40分/下り35分

経路しては、つつじヶ丘駅→白雲橋コースに合流→山頂 という流れ。

つつじヶ丘から弁慶茶屋跡を結ぶ比較的短いルート。そこから白雲橋コースへ切り替え、女体山頂を目指すことができ、山頂からロープウェイで下山することも可能。ロープウェイを利用したい方は、最短コースで往復ができるので、このコースがベスト。子供連れの登山初心者の方は、こちらがおすすめ!

最寄り駐車場:つつじヶ丘駐車場


初心者〜中級者向け:白雲橋コース(しらくもばしコース)

S__5693458

  • 距離:約2.8km
  • 標高差:約610m
  • 所要時間:登り110分/下り95分

経路としては、

筑波山神社→白雲橋コース→女体山山頂(→男体山山頂) という流れ。

筑波山神社から酒迎場分岐、そして弁慶茶屋跡を通り、女体山頂へと向かうルート。

弁慶茶屋跡まで筑波山の豊かな自然を楽しんだ後に、筑波山名物でもある「弁慶七戻り(べんけいななもどり)」「高天原(たかまがはら)」「胎内くぐり(たいないくぐり)」などの巨岩、奇岩を見ることができ、筑波山の魅力をフルで味わえるコースです。

最寄り駐車場:P1~4


中級者向け:御幸ヶ原コース(みゆきがはらコース)


  • 距離:約2.0km
  • 標高差:約610m
  • 所要時間:登り90分/下り70分

経路としては、

宮脇駅→御幸ヶ原コース→男体山山頂(→女体山) という流れ。

筑波山神社から男体山頂を目指すルート。ほぼケーブルカー沿いに登り、上りと下りの2台のケーブルカーがすれ違う様子や男女川(みなのがわ)最上流の地点など貴重なシーンを見ることができる。全コースの中ではやや本格的な登山コースであり、標高差があり比較的険しいコース。

S__5693452.jpg
男体山山頂からの景色

最寄り駐車場:P1~4


ケーブルカーとロープウェイを有効活用

S__5693450.jpg

前述のように、筑波山にはロープウェイとケーブルカーが通っており、山麓の駐車場近くから山頂までを結んでいる。

上りは頑張れるけど、下りはしんどい、、、という方には、非常にオススメ。また、それだけではなく、紅葉の時期にはライトアップなども行われており、窓から山の景色を楽しむこともできる。

チケットもなんともノスタルジックな感じだ、、、、

時期によって運行時間などが異なるので、事前に確認してから利用してください!

時刻表はこちら:筑波山ケーブルカー&ロープウェイ


登山の時の服装は?


動きやすい服装が基本ですが、

  • 汗をかいた時に重くならない
  • 乾きやすい化学繊維の素材

に当てはまる服装が鉄則。

注意なのは、コットンのトレーナーやジーンズは乾きにくく体温を奪うので避けた方が良いということ。また、登山では、着替えを一着多く持って行くことをオススメ。靴は使い古してあるもの。


春,秋(3,4,5,10,11月)


春,秋の筑波山の気温は、およそ6度から10度前後

日によっては0度まで気温が下がる日もある。また、山頂は風を遮るものがないため、非常に風が強い。

おすすめの服装は、
マウンテンパーカー+インナーダウン(もしくはヒートテック)。
温度に応じてインナーダウンを脱ぎ着して対応することが重要。


夏(7,8,9月)


夏季の気温は、14度〜最高25度程度

それほど暑くはないが、やはり登山となると想像以上に汗をかく。日中だけの登山ならTシャツ一枚でもOKですが、念のためリュックにアウターを入れておくと安心。Tシャツは多めに。


秋~冬(12,1,2月)


12月はぐっと冷え込む。温度は氷点下-3度〜最高6度

整備がきちんとされた山とは言え、軽装での登山は大変危険だ。春秋用の服装に加えて、ダウンをしっかり着込み、一緒にカイロを貼るなどの準備を!


登山後におすすめな温泉をご紹介

gallery002 (1).JPG
引用:筑波温泉ホテル

筑波山の魅力は筑波山周辺に日帰り利用できる温泉がすぐ近くにたくさんがあるところだ。


筑波温泉ホテル

  • 住所:〒300-4352 茨城県つくば市筑波395
  • TEL:029-866-0521
  • 営業時間:
    [日曜日~金曜日]
    13:00~20:00(最終受付19:00)
    [土曜日、祭日の前日]
    13:00~17:00(最終受付16:00)
    ゴールデンウィーク、年末年始、連休等は、日帰り入浴が休みになりますので、ご了承下さい
  • 料金:1,000円
  • アクセス:筑波山神社より車またはバスで5分
  • 公式ホームページ:筑波温泉ホテル

持ち物チェックリスト


筑波山は確かに、道は整備され初心者でも登りやすい山だが、事前準備は必須だ。家にあるもので準備ができるものがほとんどなので、登山初心者の方も、安心を!下のリストをぜひ参考にして下さい。

水筒、ペットボトル
日帰りであれば0.5~1.5リットルあれば安心。筑波山は登山ルートに自動販売機等がないのでこれは必須。忘れてしまったら、山麓付近のお店で要購入。

タオル
汗を拭く以外に、怪我をした際の応急処置などにも使える。2~3枚は持ってると安心。

時計
携帯で見ることもできるが、携帯の充電の消費を抑えるという点でも必要なアイテム。

ヘッドランプ、懐中電灯 
日帰りでも帰りが遅くなり暗くなってしまうことがあるのであれば安心。ペンライトサイズでも十分間に合う。

行動食、予備食
簡単なものであれば、菓子パンやサンドウィッチ、おにぎり、お菓子類がベター。疲労が溜まってきた時、チョコレートを少しかじるだけで体力の回復に役立つ。

救急用品・常備薬他
絆創膏やテーピングの他に、頭痛薬、下痢止め、虫除け、日焼け止めなどもあると安心。山では何が起こるのかわからないので万が一に。


最後に

S__5693449.jpg

魅力溢れる筑波山。初心者でも気軽に登ることができ、絶景を堪能できる非常にオススメな山の一つだ。ぜひ、足を運んでみてはいかがだろうか。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です