ごつブログ

自分の好きを、みんなの好きに。

カナーボン城
海外旅行

息を飲む古城の国”イギリス・ウェールズ”を訪れた #ウェールズ旅行記

ウェールズは、「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」を構成する4つの「国」の1つ。イギリス本国を構成する「グレートブリテン島」の南西に位置し、南にブリストル海峡、東にイングランド、西と北にはアイリッシュ海に囲まれた国だ。

イングランドのロンドンから首都カーディフまで、鉄道で3時間強で行くことができ、イギリス旅行した際にはぜひ訪れたい場所だ。

ウェールズ
引用:connyのロンドン日記

ウェールズ。かなりマイナーな国だ。正直イギリスに行くまでどこにあるのか全く知らなかった。
実際に足を運んで感じたウェールズの特徴は、「国中に中世からの古城が多く残っており、ヨーロッパでは味わえないような独特な雰囲気が漂っているエキゾチックな国」ということだ。

どんな国で、どんな観光地があるのか、ということを書いていく。


英語以外にも公用語がある。そもそもウェールズってどんな国なのか。


点在するウェールズ語

ウェールズ語の看板
ウェールズ語の看板

ウェールズは英語以外にも、「ウェールズ語」という公用語を持つ国であり、バスやレストランの中で聞くことができる。話者数は世界にたった70万人ほどの超希少価値が高い言語だ。ちなみに、「こんにちは」はウェールズ語では、 Sut mae. (シューマイ)と発音します。街中のバスの運転手さんは普通に、「シューマイ」と発音していて非常に驚いた。もちろん、英語も通じる。


THE・欧州の田舎な景色

DSC_1269
ウェールズの湖と山

ウェールズの自然の魅力はなんといっても、湖と山の絶景だ。ウェールズの山は、比較的標高が低いのが特徴で、見晴らしの良い景色を楽しむことができる。

また、非常に田舎なのも特徴で、街以外は基本的に草原しかない。。。


カナーヴォン城

DSC_1226
カナーヴォン城の景観

世界遺産の1つであり、海に面した「カナーヴォン城」。実は「天空の城ラピュタ」の舞台にもなっている要塞があり、数あるウェールズの古城の中でもとりわけ強い異彩を放っている。

また、1969年にチャールズ皇太子のプリンス・オブ・ウェールズ叙位式典が行われた場所でもあり、お城の中には歴史にまつわる資料もたくさん展示されている。

DSC_1234
カナーヴォン城の一室

ヨーロッパの古城の中は迷路のようになっており、中を自由に歩き回ったり、展望台からお城を一望することができる。

ちなみに螺旋階段はかなり急だったので、ヒールなどで行くことはオススメしない。。。

DSC_1258

お城近くの通りはカラフルな建物とウェールズの国旗がたくさん飾り付けられていた。イメージするようなヨーロッパな景色ではないのがなんとも印象的だ。


アクセス

バンゴール(BANGOR)駅からバス30分


基本情報


  • 住所:Castle Ditch Caernarfon, Gwynedd LL55 2AY
  • 料金:大人1人 9.5ポンド(約1,600円)カード使用可能
  • 営業時間:9時30分~17時
  • (7・8月は~18時。11~2月は10~16時。11~2月の日曜は11~16時)
  • 公式サイト:Caernarfon Castle
  • 滞在時間:2時間弱

お堀に囲まれた・ビューリマス城

DSC_1283
ビューリマス城

こちらも同じく世界遺産に登録されている古城。シンメトリーの構造になっていて、とても美しい形をしているのが特徴だ。
ノルマンディー語で、「美しい湿地」という意味があり、お城の周りにはお堀もあり、橋を渡ってお城に入って行く。

DSC_1276

また、驚くべきことに、このお城まだ未完成。13世紀末に建設が始まったものの、スコットランドでの反乱の影響で資金不足となり、そのままの形が残されている貴重なお城だ。

DSC_1293.JPG
修理中のビューリマス城

これらの建設が13世紀から続いていると思うとなんだか感慨深い、、、

お城の中は、同じく迷路みたいになっていて真っ暗。


アクセス


バンゴール(BANGOR)駅からバス40分


基本情報

  • 住所:Castle St, Beaumaris LL58 8AP
  • 料金:大人1人 6.9ポンド(約1,200円)
  • 営業時間:9:30~17:00
  • 公式サイト:Beaumaris Castle
  • 滞在時間:1時間半前後

実際のルート


私自身、マンチェスターからウェールズを日帰りで旅行したわけだが、ここで簡単な1日のコースを紹介。ロンドンとマンチェスターから、ウェールズ(バンガー)へ行くのはどちらもおよそ3時間ちょっとなので、ぜひ参考に程度に(かなり大雑把ではありますが、、、)

  • 07:52 マンチェスターピカデリー駅出発
  • 10:30 バンガーウェールズ駅到着
  • 11:30 カナーヴォン城到着
  • 13:45 カナーヴォン城出発
  • 14:45 ビューリマス城到着
  • 17:00 ビューリマス城出発
  • 17:45 バンガーウェールズ駅到着、マンチェスター駅へ

バスなどの本数はあまりないので、要注意。


まとめ

ヨーロッパの中でも異彩を放つウェールズ。ぜひ、イギリスを旅行する際は候補地に入れてみてはいかがだろうか。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です